声が痛い!?喋り声は普通なのに、歌うと声がキンキンする人のための高音発声を操作する傾向と対策

声が痛い!?喋り声は普通なのに、歌うと声がキンキンする人のための高音発声を操作する傾向と対策

高い声がキンキンする理由はシンプル

そういう音成分が出てしまっているから。
勿論、声の種類によって違うが、これを解決するにはいくつか対策がある。
今日はそんなお話。

「高い声が痛いんじゃ!」

その昔、超音波が口から出てると当時の先生に言われ、かなり落ち込んだサクセスボイスの岩谷です。
さて、当教室のYoutubeチャンネルのコメントにこんなご質問が来た。

「高い音程だと声がキツく聞こえてしまうのですが、高い音を柔らかく出す方法ってないですか?」

確かに歌声がキツい印象になってしまっている人はいる。
特に高い声を出すときにそれは表面化する場合が多い。

ロックなんかはそのキンキン声でも大丈夫なこともあるが、R&Bとかバラードだと『この声が欲しいんとちゃうっ!』となる。
この現象は主に声帯が長く、高音が元々出しにくいタイプの人に多い。
実際、僕も声帯が長いタイプだ。
ご多分に漏れず、このキンキン対策には非常に悩んだ。

今日はそんな僕が実践してきた、強くかつやわらかい声を届ける方法についてお伝えしよう。
もうこれでカラオケで耳を塞がれずに済むはずだ。

痛い高い声対策その1 マイク使いを気を付けよう

さて、まずは初級編から。
普段、カラオケやライブではマイクを使って歌う人がほとんどだろう。
このマイクの使い方一つで痛い高い声は防ぐことが可能だ。

高い声が痛い人のほとんどはマイク使いというものが出来ていない。
ただ口に近づけて歌っている。

これじゃ歌声は耳に痛い成分を拾って増幅する。
しかも、マイクが近い分、音量差のない平面のような印象の音を拾うので伴奏に声が埋もれる。
すると、更にマイクの音量を上げることになり、結果痛い成分がより増幅されるという負のスパイラルが生まれる。

これを避けるためには、べた付けマイクから卒業してマイクの正しい使い方を覚えてみよう。

ヴォーカル用のマイクは様々な音が鳴っている中で声だけを拾うように「指向性」という機能がある。
角度によって拾える音が変わるのだ。
カラオケでマイクを横にあてて歌うと、スピーカーから流れる声は小さくなるだろう。

「横からも音が拾えた方が便利じゃん」と思う人もいるかもしれないが、この指向性がないと、ステージではハウリングして使い物にならない。

このマイクの指向性を利用して痛い高い声を軽減する方法がある。
具体的には、高い部分が来たらマイクをアゴに向けて歌うのだ。
マイクをアゴに向けることにより、マイクは低音成分をよく拾うようになる。

ちなみにアゴを狙うとしても、あごの先ではなく、唇と顎の真ん中を狙うと良いだろう。

また遠ざけて歌うのも有効だ。
こちらは音量差にも気を付ける必要があるのでちょっと高等テクニックだ。

マイク使いは様々なアーティストが達人級の技を見せてくれるが、その中でも個人的に凄いと思うのは、かの有名なスティービーワンダー。
彼は盲目だが、幸か不幸か天性のマイクテクニックを持っている。
耳が敏感だからこそなせる業だ。

彼は固定されたマイクを首の振りだ上手に距離感を出し、立体的に声をマイクに拾わせている。
だから、あの独特のグルーヴが生まれるのであろう。

 

痛い高い声対策その2 共鳴を操作しよう

マイクテクニックを極めていくと、正直本当に望んだ声を拾わせることができるようになる。
しかしながら、そもそもの声が痛い場合はもっと別の対策が必要になる。
その最たるが共鳴操作だ。

共鳴は声の印象を司る。
高い声が痛い場合も、声帯から出た音が共鳴で増幅される時に不必要な倍音まで増幅している場合がある。
数ある共鳴の中でも、高い周波数を司る口腔共鳴。

口腔共鳴は威圧感やカリスマ性、ロック性を感じさせる非常に重要な共鳴だ。
この共鳴がないと人を惹きつけて離さない歌声にはならない。
ロックにおいては最重要共鳴だ。

しかし、この口腔共鳴が鳴り過ぎていると、マイクを使った時に「痛い」という印象与える可能性がある。
ドンピシャで耳が痛いと感じる2~4kHzの周波数が出やすいからだ。

世の中には様々な声の人がいるが、実はこの口腔共鳴が生まれつき強い声の人がいる。
芸能人でいうと、ダウンダウンの松本人志さんなんかは完全に口腔共鳴が強い人だ。
だからカリスマ性があり、本人は大したことを言ってるつもりがなくても人から納得を得たりする。

しかし、周波数的に大声を出すと「怖い」という印象を与えてしまいがちだ。

この口腔共鳴が出やすい人は、共鳴を押さえるすべを持たなくてはいけない。
一種の発声癖と同じで対策は結構大変だが、まずは自分の声をしっかりアナライザで確認し、2~4kHzを中心に発声を見直してほしい。
もし自分で分からなければ、サクセスボイスでは機材を完備しているのでぜひとも利用してほしい。

痛い高い声対策その3 裏声ミックスボイスをマスターしよう

マイクを使い、共鳴も抑えた。
これで声は痛くない。

しかし、これだとショボい。
やっぱり何か違う。

そういうあなたは高い音程でも柔らかい声を出すために絶対に押さえておきたい重要テクニック。
『裏声ミックスボイス』に挑戦してほしい。

この裏声ミックスは高い声で優しい印象をもつアーティストはみんな使っている。
例えば、平井堅や森山直太朗、小田和正はその代表だ。
女性ならMISIA、平原綾香、アニソンだとKalafinaでも使われている。

この裏声ミックスをマスターすれば、柔らかい声で歌うことはもちろん。
曲にメリハリをつけて歌うことが凄く簡単になり、表現の幅がググッと上がってくる。

では、この裏声ミックスはどんな声なのか?
まず基礎知識として、ミドルボイスの認識が必要になってくる。

これは当ブログや書籍、メール講座で何度も触れているので知っている人は読み飛ばしても構わない。

地声と裏声の間には『ミドル』という領域がある。一般的にミドルボイスと認識されている場合が多い。
このミドルの概念は色でイメージすると分かりやすい。

『赤 ⇔ 紫 ⇔ 青』

この赤と青の中間色である紫。これが声質だとミドルに該当する。
『地声⇔ミドル⇔裏声』という感じだ。

実はこのミドルボイスには、便利な特性がある。

地声と裏声で出せる音域を”全て同じ印象の声で扱う”ことができるのだ。
プロアーティストで高い声を難なく出しているように見えるのは、このミドルで歌っている場合がほとんどだ。
このミドルボイス自体も、ボイストレーニングでは、かなり人気のテクニックだ。

さらにもっと便利な第2の特性がある。

それが『地声寄りにしたり裏声寄りできる』ということ。
先程の色で例えると青紫とか赤紫のように、声色を地声や裏声と混ぜることができる。

こういった声域が混ざった状態のことを『ミックスボイス』と呼ぶ。

ここでもうお分かりだと思うが、本日のお題の『裏声ミックス』とは、ミドルボイスが裏声寄りになった状態のことだ。
マイクや共鳴を気を付けても、高い音程で歌うとキツイ印象になってしまうのは、声が地声寄りになってしまっている場合が多い。

初めての方には用語が多いの江まとめておこう。

■ミドルボイス
地声と裏声のちょうど中間地点

■地声ミックス
ミドルボイスが地声寄りになった声。聞こえ方の印象も力強くパワフルな分、キツい印象もある。

■裏声ミックス
ミドルボイスが裏声寄りになった声。
裏声のような柔らかい印象を保ったまま、声に厚みを持たせられる。

気にすべき点は?

今回の質問のように柔らかい声を出したい場合。
まず気にすべきはマイクだ。
正直な話、マイクとイコライザー(周波数を変化させる機器、スタジオのミキサーなどについている)を使えば、高い痛い声はほとんど解決する。
しかし、この方法だと別の個所が逆にコモってしまう場合がある。

そのためイコライザーを自分の身体で再現すればいい。
それが共鳴だ。

特に口腔共鳴のさじ加減で結果は大きく変わってくる。
ぜひこの辺も意識してもらいたい。

そして、最終手段として、この裏声ミックスボイスを習得すればよい。
いきなり出来るかどうかは、やはり個人差があるだろうが、高音発声の中で最も簡単なのがこの裏声ミックスだ。

ここではその習得時に押さえるべきステップを紹介しておこう。

裏声ミックス習得 ステップ1

まずしっかりミドルボイスを出せること。これはマストだ。

ここでミドルの基準がズレていると操作は難しい。
「これが自分のミドルだ」という感覚をしっかり養う必要がある。

ステップ2

そこから”裏声寄り”の感覚を掴んでいく。
これは裏声からミドルに声色を同じ音程の中で変化させていくのだ。
できれば、声域をスムーズに行き来できるぐらいになると良い。

このへんは特に裏声か裏声ミックスかを判断するのは、なかなか難しい。
ここはしっかりトレーナーに見てもらった方が分かりやすいだろう。
もしレッスンに通えない人は録音をして何度も挑戦してほしい。

さて、ここまでくればもう裏声ミックスは完成だ。
ステップ2の感覚のまま、裏声でもミドルでもない中間の声を探してほしい。
それがあなたの基本の裏声ミックスボイスだ。

あとは楽曲表現に従い、配分を変えていけばよいだろう。

この状態なら柔らかい声のみならず、自由自在に声を操ることが出来るようになっているはずだ。
ぜひ挑戦してみてほしい。

なかなか掴めない方の傾向と対策

この裏声ミックスがつかみづらい人は、よく最初のステップを繰り返してほしい。
ステップ1のミドルの習得がなければステップ2は意味がないからだ。

最後にミドルボイスを習得する手順もお伝えしておこう。

まずは『呼吸の安定化』だ。
呼吸が安定しないと、声帯を操作するのは非常に難しくなる。

声帯が操作しにくい原因の8割は呼吸が安定していないことによるものだ。
まずは声帯ではなく、呼吸に注目して練習してみてほしい。

そこから『声帯の開閉の感覚』を掴む。
これは呼吸が整っていればそう難しくないはずだ。
この辺はネットに沢山方法があるし、サクセスボイスの無料メール講座でも分かりやすい方法をお伝えしている。

気になる人はチェックしてみるといいだろう。

高い痛い声の対策まとめ

声の印象は様々な要素が関係する。
それは体の使い方はもちろん、マイクや聴く人の好みによっても変わってくる。
ぜひ実践して、最高に柔らかな声で聴衆を包み込んでほしい。

それでは別の記事でまた会いましょう。
Let’s Trainning!

ミックスボイス 7 ミドルボイス 1 レッスン 5 地声 1 裏声 1

体験レッスンの
お申込みはこちら