腹式呼吸が出来なくてOK!声量を5倍大きくする方法

腹式呼吸が出来なくてOK!声量を5倍大きくする方法

こんにちは!サクセスボイスの植垣です。

ボイストレーナーとして仕事をしていて
思うことがあります。

それは、普段あまり歌わない人でも
「ボイトレって必要」ということ。

その一例として、声量があります。

よく“声が小さい”と悩まれる方が
サクセスボイスにも沢山いらっしゃいます。

人から聞き返されることが多く、
何か普通に話しているだけなのに
相手の機嫌を損ねちゃったり。

「元気ないね」って心配されたり。

普通なのに「何か暗いね。もっと明るくしたら?」
って言われてしまったり。

居酒屋で店員さんを呼んでも、
全然気づいてもらえない。

そうやって無理やり声を出すと
次の日声がガラガラになってしまったり。

『もー!声小さいのいややーー!!』

ってなりませんか?

私はなりました・・・(遠い目)

そう!
私、結構声量なくて悩んだ時期がありました!

めっちゃ腹筋したのに全然変わらなかったり、
結構踏んだり蹴ったりの時期がありました。

その私が言えることとして、
実はこういった声量の悩み。

ちょっとした意識で
即解決できちゃうんですっ!

もしあなたが同じようなお悩みをお持ちであれば、
今すぐこの記事を最後まで読みきって下さい。

一瞬にしてあなたの声量が2倍。
いや、5倍大きくなることをお約束します。

声が大きいことは
それだけで得だと思います。

まずしっかり言いたいことが伝わります。

声が聴こえないということは、あなたの言いたいことが相手に100%伝わらないということです。

声が大きいことでその心配がなくなります。

これは歌にとっても大切なことです。
どんなに高度な歌のテクニックを持っていても、
聞こえなければ伝わりません。

そういった意味でステージに立つ方は
まずはテクニックより
『聞こえる声』を目指すべきでしょう。

さらに声が大きいと人に与える影響力が変わります。

学校などでも声の大きい人は、
良くも悪くもなにかしら目立ってたりしますね。

あれはその人が凄いわけでもなく、
ただ人間は大きい音に影響されやすいのです。
(動物的な本能でしょうか・・・?)

どんな良い考えを持っていても、
それが伝わらなければ意味はありません。

あなたが誰かに伝えたい、
届けたい想いがあるのであれば
声が大きいということは武器になるでしょう。

また別の角度からのメリットだと。
声が大きいということは、普段の発声が楽になります。
無理に喉を絞めて声を出すこともなくなるので
喉が楽になります。

痛みを感じることも少なくなるので
ちゃんと発声ができていると、
風邪もひきにくくなりますしね。

こんな風に声が大きいということは、
ただ単に居酒屋で便利というだけではなく、

ある意味、人生さえも左右してしまうのでは?
と私は思ってます。

じゃあ、声量はどのように上げたら良いのか?

【呼吸を変える】
です!

呼吸の仕方を変えることで声量は大きくなり
簡単に声量を操ることができます。

先に言っておくと、
これは単純に”腹から声出せ”という話ではありません。
よく昔の私のごとく、
“声は腹式呼吸”という人は多いですが・・・。

しかし、人体の構造からすると
腹式呼吸だけで声量を上げるのは
少し早計に思えます。

それよりもっと簡単で大切な方法があります。

それは
【横隔膜周りの筋肉を意識する呼吸】です。

肺の下に位置する横隔膜をちゃんと意識し、
使える筋肉として意識するだけで

声量は確実に上がり、
喉を痛めるリスクも大幅に削減することができます。

・言いたいことがしっかり伝わり
・影響力が発揮でき
・喋る、歌うことが楽になり、

あなたの生活そのものが改善されていきます。

この呼吸法は、ネット等で様々な方法を
見つけることができると思います。

が、、、
実は私。
最初、全然意識できてませんでした。

知識としては知ってたんですけど、
ちゃんと「コレ!」という感覚が掴みきれないままで
とても苦労しました。

しかし、岩谷代表に指導してもらい
一瞬で楽に発声できるようになりました。

キーも5つ、いきなり上がりましたからね。
まさに必殺でした!

この必殺の練習方法は、
サクセスボイスの無料メール講座にて
代表の岩谷がかなり詳しくお伝えしています。

無料で受講できますのでよければ読んでみて下さい!

登録はコチラです。

メルマガ

とにかく!
まずは声量を上げるのは、
喉を痛めつけるのではラチが空きません。

筋肉を意識した呼吸を身につけること。
これが最重要項目になります。

是非意識して練習に励んで
理想の歌声を手に入れて下さいね☆

それではまた!

カラオケ上達 2 ミックスボイス 7 レッスン 5 出し方 5

体験レッスンの
お申込みはこちら