綺麗なミックスボイスを確実に出すための3つのプロセス

綺麗なミックスボイスを確実に出すための3つのプロセス

こんにちは!
サクセスボイスの岩谷です。

「ミックスボイスが出せなくて困っている!」
という方は少なくないでしょう。

実際、ネットやYoutubeを見て挑戦しているが
なかなか出せなくてサクセスボイスに
いらっしゃる方は多いです。

僕も昔、ミックスボイスを習得するのに
非常に苦労した覚えがあります。

それこそ喉がぶっ壊れるまで
練習したりと散々です。

その経験の中でも特に苦労したのが、
ミックスボイスの感覚を掴んだ後。

音程としてはしっかり出ているんだけど、
ずっと違和感があって、
CDのような綺麗な声と感じられなかったんです。

今回はそういったミックスボイスの
調整法についてお話しましょう。

ミックスボイスを掴むキッカケにもなる
内容ですのでぜひ最後までお読み下さい☆

今まで出しにくかった
理想の高音の操作法を
教えたいと思います。

まずミックスボイスとはなんぞや?
という人のために軽く説明すると。

まず声には「地声」と「裏声」があります。

地声とは、普段の話し声のことです。

安田大サーカスのクロちゃんみたいに
極稀に裏声を使って話す人もいますが、
ほとんどの人は地声を使って会話をしています。

もう1つの裏声は、
よく裏返ったと言われる声のことです。

曲でいうと、
森山直太朗さんの[さくら(独唱)]。
この曲の冒頭部分は裏声を使用しています。

「ぼーくらは~、きっと~まってる~」
というフレーズ。

この「と~まってる~」という部分です。

この出だしの歌声からすると
印象が変わるのが確認できると思います。

この地声と裏声は声帯の開閉が
大きく関わってきます。

そして、実はこの地声と裏声の間に
もう一つ声の種類が存在します。

それが「ミドルボイス」。
ちょうど中間地点のイメージなので
ミドルと呼ばれています。

この辺はイメージしづらいと思うので、
のサクセスボイスのYoutubeチャンネルにて
ご参考下さい。

「地声」にも「裏声」にも聞こえない、
このどっちつかずの声が
「ミドルボイス」になります。

この状態だと「違和感を感じる」という方は
少なくありません。

そこで大切になってくるのが
「ミックスボイス」です。

ミドルは地声寄りにしたり、
裏声寄りにしたりできます。
名前の通り「ミックス」するわけです。

たとえば「ミドルボイス」を発声した状態から
少し「地声」寄りにしてみます。

すると「地声」のように
力強く厚みのある印象で
高音が出せるようになります。

この発声をサクセスボイスでは
「地声ミックス」と定義していますが、

B’zの稲葉さんやONE OK ROCKのTAKAさんなどは
「地声ミックス」の名手ですね。

今度は「ミドルボイス」から
「裏声」寄りに発声していきましょう。

すると、透明感はありつつも
芯があるような裏声とは違う高音が出せます。

これが「裏声ミックス」です。

平井堅さんや徳永英明さんは
この「裏声ミックス」を多用されています。

女性だと地声ミックスは、
ビヨンセなど洋楽系の方に多く、
日本人だと大体「裏声ミックス」や
「ミドル」を使う女性シンガーが多いです。

これらの声区は色に例えると、分かりやすいです。

「地声」=青、「裏声」=赤とすると、
「ミドルボイス」は紫に位置します。

そして、「青紫」や「赤紫」などのように
色を混ぜていくことが出来るのです。

まず、ミックスを綺麗にしていくためには
この概念をしっかり理解した状態で
どの領域の声が出したいのかを
しっかり定める必要があります。

誰か憧れるアーティストがいるのであれば
その方がどんな声区で歌っているのかを
明確にしましょう。

またそもそもミックスボイスの習得が
まだ出来ていないのであれば
意識すべきことがあります。

それは正しい習得の順番です。
順番通りに習得していくと、
癖のないキレイなミックスが仕上がります。

そのまず最初の段階がミドルの習得です。
ミドルなくしてミックスはありません。

ミドルの定義が甘いと、
表現の幅が大幅に狭まります。

ミックスを出していると、
喉がガラガラするなどの
症状が出る可能性もあります。

まずしっかりミドルを掴みましょう。

そこから裏声ミックス。
ちゃんとスムーズに移行できるかを
確認すると良いでしょう。

そして最後に地声ミックスを定義できれば
高音発声はほぼ完成です。

今回の話で一番手に入れてほしい情報が、
まず「自分の出したいミックスは何なのか?」
ということを考えてほしいということです。

やみくもに音程だけ追っても
理想の歌には繋がらないですからね。

そして、「習得の正しい順番」です。

順序立ててミックスボイスまで辿り着けば
今まで歌えなかった高音を多用する曲も
楽に歌えるようになっていきます。

しっかり練習して周りを驚かせてやりましょう。
ぜひチャレンジしてみてくださいね!

ミックスボイス 7 出し方 5

体験レッスンの
お申込みはこちら