音楽活動を成功に導けるキャッチーさの磨き方

音楽活動を成功に導けるキャッチーさの磨き方

こんにちは!
サクセスボイスの岩谷です。

僕は昔からバンド活動が多かったのですが、
実はバンドに限らず音楽活動には
踏まえるべきセオリーが存在します。

そのセオリーを踏まえないと
ファンがつかないどころか
最悪の活動できないという事態もあります。

今日はあなたの音楽活動を
成功に導くヒントの話をしましょう。

まず自分の活動で
人から評価を得たいと思うのであれば
「キャッチーさ」を忘れてはいけません。

この「catchy」という英語の本来の意味ですが、
・面白く覚えやすい
・人の気を引く
・人を引っ掛ける
・ペテン
・気まぐれ
・挑発的
といった意味となるのだそうです。

日本で使われる場合は主に音楽に対して、
覚えやすい、人気がでそう、親しまれそう、
という感じが的確ではないでしょうか。

使い古された言葉ではありますが、
単純に覚えやすいという意味ではありません。

元々デスメタルやハードコアなどで
活動していた僕ですが
それでも「キャッチーさ」求められていました。

キャッチーさとはつまり、
「人の気を引く」ということです。

厳しい言葉になりますが
「自分本位になってはいけない」ということです。

だから本質的にいうと
受けばかりを狙ってありきたりな音楽をしても
それはモノマネで、キャッチーではありません。

じゃあ、キャッチーさを磨くには
どうすれば良いか?

一番良い方法は『完全コピー』です。
本人と同じようにパフォーマンスできるまで
練習するのがなによりも近道です。

まずは自分の好きな曲で初めてみるのが
良いでしょう。

すると段々偏ってくるので次のステップ。
リスナーのことを考えてみましょう。

例えばあなたがファンにしたい人が
日本の中高生ならまずJ-POPは必須でしょう。

最近は「ボーカロイド」の派生から
非常に難しい楽曲が増えています。

『まふまふさん』や『supercell』さんなど
メジャーですよね。

「あえて難しいから歌いたい」
という人が増えています。

そのような楽曲に親しんだ層を狙うのであれば、
そういった曲をコピーすると良いでしょう。

口酸っぱくしていいますが、
単なるコピーではダメです。

完全にコピーして下さい。
録音を聞いて本人と同じレベルになるように
練習しないと意味がありません。

すると、アナタの中に引き出しが増え
キャッチーな要素がどんどん増えていきます。

デスメタルやハードコアの世界でも
求められるほど
キャッチーさの効果は絶大です。

わかりやすくバンド活動で言うと

・ライブハウスに気に入らやれやすくなる

・オーディションで評価してもらいやすくなる

・他のバンドからも引き抜きの声がある

・動画の再生数が伸びやすくなる

などでしょうか。

ちなみに少しネタをバラすと
サクセスボイスのYoutubeも
歌唱力や情報量ではなく、
キャッチーさを重視しています。

キャッチーだから見てくれる。
見てくれるから良い情報を届けられるという
好循環が生まれます。

では、どうやったらキャッチーさを掴むための
完全コピーができるようになるのか?

その答えはボイストレーニングの中にあります。

歌の要素を分析するための指針が必要です。

つまり聞こえている声は
どんなミックスボイスの出し方をしているのか?

鼻腔共鳴はどんなか?

口腔共鳴はどんなか?

咽頭共鳴はどのくらいか?

そういった事細かな声のパラメータを
見ていく必要があります。

これはスポーツと同じです。

「早く走る」とう動作には
多くの筋肉が関わっています。

脚の向き、腕のフリ、背中の角度・・・。

このどれか一つでも見落とすと
最高のパフォーマンスを
発揮することはできません。

声も同様です。

出したい声にはどんな要素があり、
どれが自分に足りていないかを
しっかり分析していく必要があります。

これを解明し、トレーニングによって
補完していくのがボイストレーニングです。

要素が見えれば、
どんどん何をすればいいかが分かります。

ボイトレを行ってなによりも良いのが
要素を見出す習慣が徐々についていきます。

これは音楽活動でも非常に役立ちます。
「どうすれば一番なのか?」

その解決策を見出す力も
同時に鍛えることが出来ます。

もしあなたがキャッチーさを磨き、
より高いステージで歌いたいのであれば、
ボイトレは非常に効果的な手段となります。

ぜひ毎日行ってみて下さい☆
それでは!

無料で学べる本格派ボイトレ講座はコチラ

メルマガ

出し方 5

体験レッスンの
お申込みはこちら