高音を出し続けても全然疲れないミックスボイスってあるの?

高音を出し続けても全然疲れないミックスボイスってあるの?

こんにちは!
サクセスボイス岩谷です。

さてこんなご質問がYoutubeに来たので
お答えしていきましょう。

Q、ミックスボイスって疲れますか?
====================================
質問です!今ミックスボイスの練習をしていて
なんとなく音程は出せるのですが、
途中から疲れてきて段々声が出なくなります。

これは自分のミックスボイスのやり方が
間違っているのでしょうか?
よくミックスボイスは疲れないと
聞くですがこれは本当ですか?
====================================

凄く良い質問です。
なぜかというと、
非常に声帯の本質を捉えた質問だからです。

よくネットなどで
「ミックスボイス 出し方」と検索すると
こんな記事を見かけます。

「ミックスボイスで軽々と歌える!」
「いつまでも歌い続けられる!」
「喉を傷めない!」

などです。

これらは正解でもあり、
間違いだったりします。

なぜならミックスボイスには
「声帯に負担の大きいミックス」と
「負担の少ないミックス」があるからです。

負担の大きいミックスで歌い続けると
ご質問の通り、歌えなくなってきます。

ネットの記事などですと、
良質な情報を載せているサイトでも
何故かこのことについて言及しているものは
あまり見かけたことがありません。

むしろ「休まずに歌い続けられる」という
事実と異なる記載をしているものまであります。

ハッキリいうと
ミックスボイスで疲れないということは
ありえません。

そもそも発声は筋肉の運動です。
どんなに鍛えた人も
永遠に全速力で走れる人はいません。

ここで大切になってくるのは
ミックスボイスの発声法ではなく、
その運用。

「ペース配分」の話になります。

高音が続く曲であれば特に意識するのが、
「声帯に負担の大きいミックス」と
「負担の少ないミックス」の切り替えです。

この切替を行わずにひたすら歌い続けると
すぐにバテて歌えなくなります。
これが質問者様の起こっている状態です。

どんなプロだろうと起こります。

この切り替えの上達方法は2つです。

まず「地声」「裏声」「ミドル」を
同音程でスムーズに移行できるようにすること。

これはミックスを掴む上でも
非常に大切なことです。

しかし、これだけでは限界があります。

そのためのもう一つの方法が
そもそもの発声の筋力を上げて、
多少の無茶では疲れないようにすることです。

これは身体に合わせて持久力を上げていく、
根本的な解決となります。

ただ普通の腹筋とかをしていても正直無駄です。

そのため、サクセスボイスでは
発声筋を効率よく鍛えられる
オリジナルトレーニングを
いくつも開発しています。

実際やってみたい方は、
メール講座に登録してみてください。

生活スタイルや歌のジャンルなどに合わせて
様々なトレーニングを無料で公開しています。

以下のURLよりご登録下さい。

メルマガ

というわけで!
ぜひとも以上の点を踏まえた上で
これからも最高のオンガクしていきましょう!

Let’s Trainning!

ミックスボイス 7 高音出し方 1

体験レッスンの
お申込みはこちら