本物の歌唱力がほしいならT・T・Pせよ!

本物の歌唱力がほしいならT・T・Pせよ!

こんにちは!
サクセスボイスの岩谷です。

さて、趣味でもプロ志向の方でも
ピッチ修正や編集のごまかしではない
本物の歌唱力が必要な方は多いでしょう。

ではプロの目から見て、
「歌が上手い」「歌唱力がある」人というのは
どんな人でしょうか?

とあるテレビ番組での話です。

プロの音楽人やボイストレーナーに、
「日本人歌手で歌唱力がある人」のアンケートを
取っていったところ

歌唱力に定評のあるボーカリスト達が
名を連ねる中。

ダントツの1位は玉置浩二さんでした。

玉置さんの歌は言葉にするのも恥ずかしいほど、
実に多彩です。

表現の幅がプロの中でも異常なほど広く、
僕も大好きな歌手です。

ちなみにその番組では他にも、

久保田利伸さんやB’zの稲葉さん。
ドリカムの吉田美和さんなど
数々のアーティストがエントリーしていました。

こういったトッププロの方々に
共通しているものというのは何でしょうか?

陳腐な言葉になってしまいますが
「引き出しが多い」という言葉が
当てはまるでしょう。

自分の歌い方を持ちつつ、
様々な楽曲を様々な歌い方で
色づけられるということです。

この引き出しは一朝一夕で
手に入るようなものではありません。

例えばB’zの稲葉さんもずっと洋楽のコピーを
ひたすらしていたというエピソードがあります。

きっとその過程で歌い方の引き出しを自分の中に
インストールしていったのではないかと思います。

現役のプロボーカリスト達ははそうやって、
常に色々と研究や試行錯誤をしています。

気をつけてほしいのが完全コピーすればいい、
というわけではありません。

練習の完コピと引き出しを増やすためのコピーには
天と地ほどの差があります。

引き出しを増やすためのコピーは
なにからなにまで『T・T・P』!

つまり、
「徹底的にパクる」ことが大切です。

歌い方はもちろん。
ライブであれば動き方。

息遣い。

ほとんど本人そのままと思えるぐらいまで
やらなければ意味がありません。

なぜか?
絶対に近づかないタイミングが来るからです。

その近づけない部分こそあなたの個性です。

逆に言うと絶対に近づけない領域までは
全てテクニックということです。

それがあなたの引き出しになります。

ちなみにボイトレの要素に
共鳴という要素があります。

この共鳴をちゃんと扱えると
声の印象を変えることが出き、
かなり本人まで近づくことが出来ます。

これは実際、男性が女性の声真似でも
できてしまいます。

ある研究機関が美空ひばりさんと
そのモノマネ男性歌手の声を比較した所、
数値的にほぼ一緒という結果になったそうです。

勿論聞こえ方も全く一緒。

こういったデータもありますので
一見無理だと思う歌も
実はあなたのものにできる可能性は十分あります。

ぜひ日々研究と鍛錬の毎日を過ごしていきましょう。

なお、そういった声の要素については
メール講座の方で詳細に書いてありますので
そちらもチェックしてみて下さい!

登録はコチラ

メルマガ

それでは!

声が出ない 1 歌上達 6

体験レッスンの
お申込みはこちら