独学で歌はどこまで上手くなるのか?揃えるべき絶対条件

独学で歌はどこまで上手くなるのか?揃えるべき絶対条件

こんにちは!
サクセスボイスの岩熊です。

今回は「歌が上達する取り組み方」について
話していきます。

さて、歌が上手くなりたいと思い、
ボイトレの教則本やYoutubeなどを観て
独学で勉強している方は多いと思います。

僕も歌を始めて5年ほどは
ずっと独学でやっていました。

しかし、なかなか結果は出ませんでした。

手当たり次第本に書かれていることをやって、
実際の効果もあまり感じれず。

本当に合っているかどうかわからないまま
時間だけを投じていました。

するとどうでしょう?
だんだん歌をやめたくなってきました(爆)

“自分は努力しても上手くなれない”

“どうせ才能やセンスのあるやつだけが歌えるんだ”

と、どんどん気分が落ちていきました。

そう。
なかなか結果が出ないと
当たり前のようにやる気が下がります。

負のスパイラルというやつです。

ある日、そんな僕に転機が訪れました!
それが「MTR(マルチトラックレコーダー)」を
手に入れたことです。

今やスマホで誰でも録音できる時代ですが
僕が学生の頃は録音機材というのは
なかなか手が出せないものでした。

その中でもこのMTRという機器は
重ね録りが出来るというシロモノ。

つまり一人でもハモったり、
バンドができてしまうのです。

僕はそのMTRの中でも安いものを
果ない学生バイトの末、手に入れたのです。

そして、早速自分の声を録音。

・・・。

めっちゃ変な声や・・・。

これは誰もが通る儀式かもしれませんが、
録音された自分の声というのは
なかなか心地よいものではありません。

しかし、嫌々ながら自分の歌声を録音し、
原曲と比較してそれぞれを聞いて分析する。

そんな毎日を送っていました。

この練習の効果は絶大で
全体的な精度アップに繋がりました。

しかし、憤りはすぐやってきます。
“何か物足りない・・・”とまた悶々とした感覚が
やってきました。

そのたびに録音して改善、録音して改善という
サイクルを回していきました。

しかし、プロのCDの歌声と自分の歌声を比較すると
何か根本的に違う気がずっとしていました。

今思い返すと、その答えは明確です。

当時の僕には『客観性と基準』が
圧倒的に足りませんでした。

つまり、自分のセンスだけで判断していて
道標がなく、歩みがものすごく遅かったんです。

恥ずかし話ですが、
知った気になって歌を歌っていたんでしょうね。

いわゆる自分本位の歌になっていて、
人様に聞いてもらうための歌には
なっていなかったんです。

この辺は岩谷代表は指導でよく言う、
GSPのスタートで起こる問題。

つまり、現状把握が正確でなかったということでしょう。

僕は早い段階で進むベクトルや
基準を正確に定めていなかったので
結果は進めば進むほどズレていきました。

いや、途中までは良かったんですよ?
僕の場合、MTRで録音するまでは良かったのです。

しかし、それを自分の基準だけで判断したのが
大きな敗因でした。

今の思うとベクトルと基準が定まってしまえば、
過去の僕のように何年も迷わなくて済みます。

実際、サクセスボイスの生徒さんの中では
1年ほどで望む理想の声まで辿り着く人は
少なくありません。

『客観性と基準』
これは結果を出す上では非常に大切なことです。

僕の経験則で話すと、
一部の大天才を除き、
何事も独学には限界があります。

望む結果が自分本位で満足な場合や
独学自体が好きなのであれば
もちろん良いでしょう。

ただ、「どうせやるなら突き詰めた結果を出したい」
と、そう望むのならプロの先生につくのが
ベストだと僕は考えています。

なぜなら、
先生はあなたが悩んでいることも解決できますし、
持っている基準が初めからプロ基準です。

その基準に素人が独学でたどり着くには
多くの時間が必要になります。

しかし、先生がいたら一発解決です。
自分で基準を保つ必要がないですからね。
すごく精神的にも楽です。

じゃあ、金銭的には?
最終的にものすごく楽になります。

独学で悩んでいる時間に
バイトすればいいですからね。

心身ともに健康を保つためにも
教育は最適な方法だと考えています。

ですので今現在、僕は何かを学ぶとき。

独学ではなく、
まず良い先生を探すよう心がけています。

先生が見つかったらあとはシンプル!
言われたことを素直にやり通すのみ!

これです。

ちなみにこの「素直さ」。
すごく伸びる人の共通点です。

“本当にできるのかな”とか
“他ではこう聞いた”などと考えていては、
実際の行動が遅くなりますからね。

まず言われたことをトコトンやってみて、
それでダメなら次の手を考える。

考えてみれば、
一人で悩むよりその方が数十倍早く、
そして得られる結果も多いです。

これは僕自身まだまだなので
生徒さんからも学ばせてもらっています。

素直さを忘れないようにしたいものです。

ちなみに実は先生選びにも実は基準があります。
巷でよく言われるボイトレ難民にならないための
ノウハウというものがあったりします。

そのへんは僕よりも先生選びで困ったことのある
岩谷代表がメール講座で語ってくれています。

よければそちらも御覧ください!
無料で受講できますので
ぜひ登録して読み進めてくださいね。

メルマガ

というわけで!
今回は「歌が上達する取り組み方」について
お伝えしました!

それではまたお会いしましょう!
Let’s Training!

ミックスボイス 7 レッスン 5 歌上達 6

体験レッスンの
お申込みはこちら