キンキン発声のための3つのポイント


キンキン発声改善





キンキン声と言われてしまう


「高い声が痛いんじゃ!」
その昔、超音波が口から出てるとボイトレの先生に言われ
たいそう落ち込んだ経験があります。


こんにちは。

科学で人の声の影響力をアップさせる
日本唯一のボイストレーニングスクール。

サクセスボイス、マスタートレーナーの岩谷です。


当教室のYoutubeチャンネルにこんなご質問が来ました。


Q 高い音程だと声がキツく聞こえてしまいます。
  高い音を柔らかく出す方法ってないですか?


確かに歌声がキツい印象になってしまっている人は結構います。
その昔、徳島時代よく対バンをしていたチャットモンチーなんかも
最初「声が痛い」とか言われていました。

ハードロックなんかだとそこまで気にならないですが、
R&Bとかバラードだとこの痛い声はデメリットになってしまう。

このキンキン声になってしまう人の多くは
主に声帯が長く高音が元々出しにくいタイプの人に多い。

僕も声帯が長く高音が出しにくいタイプだ。
このキンキン声には非常に悩んだ。

今回は脱キンキン声を目指し、強くかつやわらかい声を届ける方法についてお伝えします。
もうこれでカラオケで耳を塞がれずに済むはずです。

キンキン声になってしまう原因と3つの対策


同じ音程で歌っているのに、
柔らかく聞こえる声と痛く聞こえる声があります。

この違いはどこにあるのでしょう?

本質的なことを言うと声の柔らかさはその声に含まれる「倍音」で決まります。
倍音が豊かであれば声はやわらかく、乏しいと痛くなります。

倍音を含まない音の代表としては、テレビの放送終了後に流れる「ピー」というサイン派の音なんかは代表的です。
倍音を含んだ音の代表としてはヴァイオリンなんかはわかりやすいでしょう。

この2つの音を並べた場合、音の柔らかさが違うことがわかると思います。

このことからキンキン声とは「倍音が乏しい声」ということになります。
しかし、ある3つのことに気を付けると全く痛くない、優しい声を作ることができます。

難易度の低い順にご紹介しましょう。

痛い高い声対策その1 マイク使い


さて、まずは初級編から。
普段、カラオケやライブではマイクを使って歌う人がほとんどでしょう。
このマイクの使い方一つで痛い高い声は防ぐことが可能です。

高い声が痛い人のほとんどはマイクをただ口に近づけて歌っています。

人間の声というのは一点から出ているものではなく、
様々な共鳴腔をつかって倍音を発しています。

良く声を拾うからと、口だけを狙ってマイクを当てると、
耳に痛い成分のみをマイクは増幅します。

これでは聴き心地の悪い声を伝えることになります。

またマイクが近い分、音量差のない平面のような印象の声になります。
すると、伴奏に声が埋もれ更にマイクの音量を上げることになります。
結果より痛い声が増幅されるという負のスパイラルが生まれる。

これを避けるためには、べた付けマイクから卒業して
マイクの正しい使い方を覚える必要があります。

ヴォーカル用のマイクは様々な音が鳴っている中で
声だけを拾うように「指向性」という機能があります。

簡単にいうと角度によって拾える音が変わります。
カラオケでマイクを横にあてて歌うと、
スピーカーから流れる声は小さくなります。

このマイクの指向性を利用して痛い高い声を軽減することができます。

曲の高い部分が来たらマイクをアゴに向けるのです。
マイクをアゴに向けることにより、マイクはより低音の成分をよく拾うようになります。
こうすることで柔らかさを声に持たせることが可能です。

ちなみにアゴを狙うとしても、あごの先ではなく唇と顎の真ん中を狙うとベストです。
この辺は個人差があるので、練習が必要です。

さらにマイクを遠ざけて歌うのも有効です。
こちらはちょっと高等テクニックですが、音量差なども作れるので
声質はもちろんのことよりグルーヴのある歌を歌うことが可能です。




マイク使いが凄いアーティスト


マイク使いは様々なアーティストが達人級の技を見せてくれます。
その中でも個人的に凄いと思うのは、かの有名なスティービーワンダー。

彼は盲目ですが、幸か不幸か天性のマイクテクニックを持っています。
首を上下に動かし、その時のベストな位置にマイクを持ってきます。
耳が敏感だからこそなせる業なのかもしれません。

彼の場合、固定されたマイクを首の振りで上手に距離感を出し、立体的に声をマイクに拾わせています。
だから、あの独特のグルーヴが生まれるのでしょう。

痛い高い声対策その2 共鳴を制御しよう


マイクテクニックを極めていくと、正直本当に望んだ声を拾わせることができるようになります。
しかしながら、そもそもの声が痛い場合はもっと別の対策が必要になります。
その最たるが共鳴操作です。

共鳴は声の印象を司ります。
高い声が痛い場合も、声帯から出た音が共鳴で増幅される時に不必要な倍音まで増幅している場合があります。

その数ある共鳴の中でも、
声が痛い原因となりやすいのが高い周波数を司る口腔共鳴です。

口腔共鳴は威圧感やカリスマ性、ロック性を感じさせる非常に重要な共鳴です。
この共鳴がないと人を惹きつけて離さない歌声にはなりません。
ロックにおいては最重要共鳴となります。

しかし、この口腔共鳴が鳴り過ぎていると、マイクを使った時に「痛い」という印象与えやすいのです。
耳が痛いと感じる2~4kHzの周波数が出やすいからです。

口腔共鳴が強い芸能人


実はこの口腔共鳴が生まれつき強い声の人がいます。
芸能人でいうと、ダウンダウンの松本人志さんなんかは完全に口腔共鳴が強い人です。

だからカリスマ性があり、本人は大したことを言ってるつもりがなくても人から納得を得たりします。

しかし、周波数的に大声を出すと「怖い」という印象を与えてしまいます。

声が痛いと言われている人のほとんどもこの口腔共鳴が出やすい方が多いです。
ですので、共鳴を押さえるすべを持たなくてはいけません。

一種の発声癖と同じで対策は結構大変ですが、
まずは自分の声をしっかりアナライザで確認し、2~4kHzを中心に発声を見直してみてください。
そこが口の形などで操作できるようになると、キンキン声は軽減します。

もしこの周波数について自分で分からなければ、
サクセスボイスでは機材を完備しているのでレッスンをご利用ください。

痛い高い声対策その3 裏声ミックスボイスを活用しよう


マイクを使い、共鳴も抑えた。
もう声は痛くない。

しかし、これだとショボい。
やっぱり何か違う。

そういうあなたは高い音程でも柔らかい声を出すために絶対に押さえておきたい重要テクニック。
『裏声ミックスボイス』に挑戦してください。

この裏声ミックスは高い声で優しい印象があり
多くのアーティストが使用しています。

例えば、平井堅さんや森山直太朗さん、小田和正さん。
女性ならMISIAさん、平原綾香さん、アニソンだとKalafinaさんも使っています。

この裏声ミックスをマスターすれば、
柔らかい声で歌うことはもちろん、
曲にメリハリをつけて歌うことが凄く簡単になります。

表現の幅が広がるのです。

では、この裏声ミックスはどんな声なのか?
そのへんは別記事でまとめてあるのでそちらも合わせて読んでみてください。

「ミックスボイスって何?」という人はコチラの記事をご覧ください

高い痛い声の対策まとめ


今回の質問のように高くて柔らかい声を出したい場合。
以上の3点を押えれば声は確実に改善します。

そして可能であれば、自分の声を録音して客観的に練習していくとより効果的です。
特に録音機材には周波数を変化させるイコライザーがほとんどの機種には備わっています。

もし理想形の声がわからなくなったら、
一度自分の録音された声を編集してみると良いです。
共鳴などのヒントにもなります。

あとは楽曲表現に従い、配分を変えていけばよいです。

声の印象は様々な要素が関係します。
それは体の使い方はもちろん、マイクや聴く人の好みによっても変わってきます。

あなたの歌や声を届けたい人のことを考えながら、練習してくとより効果的です。

それでは別の記事でまた会いましょう。
Let’s Trainning!

ミックスボイス習得率99%!
3人に1人が初回レッスンでミックスボイス習得!

初回レッスンだけでもあなたの歌声は確実に変わります!世界唯一のヴォーカルメソッドを体験!

★リニューアルキャンペーン★

只今【先着30名】限定で、初回レッスンを【5000円】(税抜) でご受講いただけます。 電話でのご予約
11:00~21:00(水~日曜)
0120-963-620
WEB専用フォームでご予約
(24時間受付)

イメージ写真

YouTube登録、各SNSでお友達になってください。YouTubeや各SNSでは、
ボイストレーニングに関する有益な情報を無料で配信しております。




« 前ページ: 声量アップの方法 | 高い声の出し方関連記事に戻る »




投稿日:
最終更新日:2019年05月28日




上に戻る

初回レッスンのご予約はこちらから

電話でご予約
11:00~21:00 水~日曜
WEBでご予約
24時間受付