ミックスボイスなのに声が枯れる時の改善法


疲れないミックスボイス



ミックスボイスは疲れる?疲れない?


こんにちは。

科学で人の声の影響力をアップさせる
日本唯一のボイストレーニングスクール。

サクセスボイス、マスタートレーナーの岩谷です。

さてこんなご質問がYoutubeに来たので
お答えしていきましょう。

Q、ミックスボイスって疲れますか?
====================================
質問です!今ミックスボイスの練習をしていて
なんとなく音程は出せるのですが、
途中から疲れてきて段々声が出なくなります。

これは自分のミックスボイスのやり方が
間違っているのでしょうか?
よくミックスボイスは疲れないと
聞くのですがこれは本当ですか?
====================================

凄く良い質問です。
なぜかというと、
非常に声帯の本質を捉えた質問だからです。

よくネットなどで
「ミックスボイス 出し方」と検索すると
こんな記事を見かけます。

「ミックスボイスで軽々と歌える!」
「いつまでも歌い続けられる!」
「喉を傷めない!」

などです。

これらは正解でもあり、
間違いだったりします。

なぜならミックスボイスには
「声帯に負担の大きいミックスボイス」と
「負担の少ないミックスボイス」があるからです。

喉への負担が大きいミックスボイス


喉への負担の大きいミックスボイスとは、
「声帯が頑張ちゃっているミックスボイス」です。

本来ミックスボイスとは声帯以外もフル活用して発声するテクニックです。

それなのに声帯が頑張ってしまうと負担が大きいです。
これでは「休まずに歌い続けられる」というものではありません。

発声は筋肉の運動です。
どんなに鍛えた人も永遠に全速力で走れる人はいません。

負担の軽減はペース配分にあり


負担の少ないミックスボイスに大切なのは、
その運用方法です。

簡単に言うと「ペース配分」の話になります。

声は筋肉を使う以上、永遠にならし続けることはできません。
かならず限界があります。

そしてそれは負担が大きければ大きいほど早く限界が来ます。
ミックスボイスなのに声がれが酷くなるのはペース配分ができていないということです。

高音が続く曲であれば特に意識するのが、
ミックスからの裏声と地声の切り替えです。

切り替えが多いと、すぐにバテて歌えなくなります。
理想では基本的にミックスの状態を常に保って歌えば切り替えが少なくて済みます。

楽曲の展開に合わせて、
「ここは地声を使う。ここはミドルを継続する」
という風に事前に練習しておくのが最も効果的です。

根本的な改善方法


もう一つの方法があります。

そもそもの発声の筋力を上げて、
多少の無茶では疲れないようにすることです。

これは身体に合わせて持久力を上げていく、
根本的な解決となります。

こういうと「よっしゃ腹筋だ!」となる人が少なくないことを僕は知っています。
普通の腹筋運動とかをしていても正直無駄です。
より効果的な手法があります。

そのため、サクセスボイスでは
発声筋を効率よく鍛えられる
オリジナルトレーニングを
いくつも開発しています。

実際やってみたい方は、
メール講座に登録してみてください。

生活スタイルや歌のジャンルなどに合わせて
様々なトレーニングを無料で公開しています。

以下のURLよりご登録下さい。

登録はこちら

まとめ


歌はスポーツで言うマラソンのようなものです。
一時的に高い声が出たとして、それを最後まで継続できなければ意味がありません。

逆にちゃんと継続できれば、最高の状態でパフォーマンスすることができます。
そうすれば、自分の影響力をさらに高められることができるでしょう。

声を変えれば人生は変わります。

これからも最高のボイトレを行いましょう!

それでは、Let’s Trainning!

<体験レッスンのお申し込み>

★業界No1★ミックスボイス習得率99%!

世界唯一のヴォーカルメソッドを体験!あなたの歌声は確実に変わります!
電話でご予約:0120-963-620
(11:00~18:00)
WEB専用フォームで予約
(24時間受付)


YouTube登録、各SNSでお友達になってください。YouTubeや各SNSでは、
ボイストレーニングに関する有益な情報を無料で配信しております。




« 前ページ: ミックスボイスが変な声と感じる時の練習方法 | 次ページ:太くて高い声のための基礎知識 »




投稿日:
最終更新日:2019年10月17日




上に戻る

初回レッスンのご予約はこちらから

電話でご予約
11時~18時
WEBでご予約
24時間受付