ボイトレの練習が行き詰まった時に考える思考術


ボイトレ練習に行き詰まった時



ボイトレ練習に行き詰まる原因


こんにちは。

科学で人の声の影響力をアップさせる
日本唯一のボイストレーニングスクール。

サクセスボイス、マスタートレーナーの岩谷です。

趣味であれプロ志向であれ、
歌を一生のライフワークにしたい人は
少なくないと思います。

しかし、ちゃんと思うような成果を出せている人は
意外と少ないです。


むしろ、課題が辛くて途中で辞めてしまったり、
やりたいけど家族の反対にあって続けられなかったり、
他人と比べてやるせなくなってしまったり。

何事もなかなか一つのことを継続するのは難しいです。
だからこそ継続は力なりというのでしょう。

この継続に最も大切なのは
【成果を実感すること】です。

成果が感じないと人はモチベーションが維持できません。

モチベーション維持できないから
余計に成果が上がらない。

そんな負のスパイラルに陥ってしまします。

特に音楽に関しては、
成果が見えづらい傾向にあります。

カラオケの点数が良くても
人に伝わらない歌なんかもあります。

今回は、モチベーションを継続するために
どうすれば成果を感じながら練習できるのか?
そういったノウハウについてお話ししていきます。

成果を数値化する


まず一つ目に考えるべきこと。
それはなんとなくモチベーションが下がることを避けることができます。

そのために実際に成果が出ているかどうかを
客観的に計測する必要があります。

大体の人が成果が出ているにも関わらず
それに気づかずにやる気を下げる傾向があります。


まず『自分にとって何が練習の成果なのか?』と
自分に質問を投げかけると良いでしょう。

ここで大切なのは感覚ではなく、数値で行うことです。

例えばカラオケであれば、採点の点数でも良いです。

ライブを行う方なら動員数も立派な数字です。

歌唱力を数値化するのであれば、
ピッチがどれくらい合っているのかも
チューナーを使えば計測できます。


こういう風にあなたのやりたいことに応じて
目標を定めることが大切です。

行き詰まりやすい状態


逆に一番良くないのは、「ただやるだけ」の状態。
これは昔、僕がよくやってました。

カラオケに行き、歌いたい曲を入れて、歌ってみる。
コレです。

最初、割と声が出しやすい曲から歌って、
数曲で喉を慣らしてから高音域にも挑戦してみる。

ちょっと良い気分になり、調子に乗って
ドンドン歌っちゃう。

カラオケが終わると何となく喉を使った感じがして、
“これで今日も鍛えられたな”と声が枯れた自分に
酔ってしまう。

でも実際は?

何がどう変わったの?

ストレス発散が目的ならこれで十分です。
しかし、人前で歌うための練習としては不十分。

欲しい成果に応じて
相応のビフォーアフターを計測するべきです。

数値化は自己分析しやすくなる


数値化すると自己分析がやりやすくなります。
成果を感覚にまかせないことがこの思考法のミソです。

昔の僕はコレを全然やってませんでした。
だから恐ろしいほど時間がかかりました。

毎回自分の歌を録音して聞き返し、
振り返りのメモなどを取って
次に繋がる仮説を立てていく。

これは何も歌やボイトレに限らず、
全ての目標達成に必要なスキルです。

PDCAサイクルを回そう


よくビジネスなどですと「PDCAサイクル」と呼ばれることが多いですね。

きちんと結果を出すサイクルを作れれば、
驚くほどに出せる結果が変わってきます。

ここで簡単にPDCAについて
説明しておきましょう。

Plan=計画
Do=行動
Check=確認
Adjust=調整

以上の単語の頭文字をとって、
PDCAとなります。

この4つの段階を踏まえて練習を進めていけば
練習で迷うということがなくなります。

現状がハッキリみえていて、
何をやるべきかも明確ですから結果が先に見えます。
この状態ほどやる気が出る状態はありません。

ただ”PDCAをやる”のであって、
単なる歌うだけの練習になってはダメです。

以前の僕もそうでしたが、
成果を無視した行動はやる気がなくなりやすいです。

「とにかく歌う!」という状態を続けていると、
いつでも負のスパイラルに陥ります。

理想の声への道筋を予想して練習し、
分析してみる。
そして冷静にどこがダメなのかをしっかり考える。

このサイクルこそが大切なのです。

成果は感覚でなく、機械で計測する


昔の僕はこの計測を全て感覚に頼っていました。
すると判断が遅くなります。

今は便利な計測機器が沢山あるので
それを活用するとより効果的です。

スペクトラムアナライザーや騒音計。
チューナーやリズムトレーナーなどが代表的です。

この辺の機器の紹介や使い方は
メール講座にて大分語っていますので
ご一読下さい。

登録はこちら

練習の行き詰まりは成長の証


何事も突き詰めていくと、
どこかのタイミングで行き詰まることはあります。

しかし、行き詰まりとは成長の証です。
進んでいなければ行き詰まることはありません。

僕も何度も音楽練習や活動に行き詰まりを感じてきました。

高い声では10年も悩みましたし、
ライブでも最初は5人呼ぶのが精一杯でした。

しかし、「どうしたらいいのだろう?」と考えることにより
より簡単に課題が乗り越えられるようになりました。

実際今はミックスボイスが出せるようになりましたし、
ライブでは最終的に500人のライブを開催することも出来ました。

今思えばもう少し効率化できたかもしれませんが、
当時としては非常に大きな成果でした。

その成果が自分の仕事への自信にも
繋がっていった気がします。

もしあなたが今練習に憤りを感じていて
その状況を打破して、音楽を継続させたいのであれば
一度、練習法について振り返るのはオススメです。

あなたの歌が確実に上手くなるように、
確実なPDCAサイクルを回していきましょう!

それではまた!
Let’s Training!

ミックスボイス習得率99%!
3人に1人が初回レッスンでミックスボイス習得!

初回レッスンだけでもあなたの歌声は確実に変わります!世界唯一のヴォーカルメソッドを体験!

★★★ホームページリニューアルキャンペーン★★★
只今【先着50名】限定で、初回レッスンを【3000円】(税抜) でご受講いただけます。

初回レッスンのご予約はこちらから お申し込みの流れなどはこちらから
イメージ写真

YouTube登録、各SNSでお友達になってください。YouTubeや各SNSでは、
ボイストレーニングに関する有益な情報を無料で配信しております。





« 前ページ: ボイストレーニングを独学で行う時に忘れてはならない大切なこと | 次ページ:歌唱力を確実に上げる「T・T・P」手法 »




投稿日:1970年01月01日
最終更新日:2019年05月29日




上に戻る

初回レッスンのお申込みはこちら