声が震える!緊張による震え声の原因と対策


緊張による震え声対策



震え声の解決は意外と単純


こんにちは。

科学で人の声の影響力をアップさせる
日本唯一のボイストレーニングスクール。

サクセスボイス、マスタートレーナーの岩谷です。

今回のテーマは歌のみならずスピーチでも起こりうる
「緊張と震え声の関連性」についてお話しします。


緊張して声が震えてしまったという経験は
誰しも一度はあるのではないでしょうか?

大切な発表やライブステージ。
初めて立つ大舞台。
もしくは大切な人へ気持ちを伝える瞬間。

どうしても緊張して声が震えてしまいます。


なぜ緊張すると声は震えるのか?

これは一説には極度の緊張により口の中が乾き、無理な発声になり、
筋肉が疲労することで痙攣して起こるといわれています。

もちろんこれには諸説ありますが、
基本的に震えは原則”筋肉”によって起こります。

つまり緊張時にもその筋肉をコントロールできれば
震えを一時的に取り去ることは不可能ではないと
僕は考えています。

震え声に関わる筋肉1 呼吸筋


声が震えてしまう場合、十中八九呼吸が震えています。
そもそも緊張していなくても、声が微妙なビブラート気味になってしまう場合はほとんどが呼吸です。

この呼吸に関わる筋肉が弱かったり、
筋肉があったとしても十分に使えていない場合
声は震えやすくなってしまいます。

ちょうど思いダンベルを手に持つと
腕が痙攣するのと同じです。

横隔膜や肋間筋、腹横筋群などの呼吸筋群を鍛えることにより
震えを取り去ることは可能です。

震え声に関わる筋肉2 声帯周り


声が震える場合は、声帯周りも気にすると良いです。
実際、声を出しすぎて疲れてくると
声帯周りも痙攣をおこしやすくなってきます。

僕の場合ですと大体緊張すると声帯が原因で震えやすくなり
いつもよりも深いビブラートになったりします。

こちらの対策としても声帯周りのトレーニングが効果的です。
声帯の開閉や曲げ伸ばし、上下運動など
感覚を鍛えるうえでも意識して行うと鍛えられていきます。

緊張しない人はいないことを知る


我々プロのアーティストでもステージに上る直前はピリピリしています。
どんなに慣れていても多少の緊張感はあります。

僕なんかカラオケで人前で歌うだけでも緊張します。

ここで一番よくないのが「緊張してはいけない」と思うこと。
余計緊張してパフォーマンスは下がります。

緊張は自然に起こってしまうことなのでコントロール不可能です。

対策としては緊張して頭が真っ白になったとしても
体がベストな動きを体が覚えていれば良いです。

常に歌える状態を普段から作っておくことで
緊張しても震えない安定した声を作れます。
これが本質的な解決に繋がります。

震え声の改善は日常から


歌が上手い人、どんな本番でもしっかりと
クオリティの高いパフォーマンスを出せている歌手は
普段どんな生活をしているか想像してみてください。

きっと「歌が上手くなる生活」をしているはずです。
つまり歌が上達する行動をしながら日々を送っているんです。

では、あなたも今からそれを少しずつ取り入れていけば
緊張したとしてもしっかりと安定した声で歌える日が
近づくと思いませんか?

そのためには日々の生活の中にボイストレーニングを
取り入れていけばいいんです。

少しずつでいいのでコツコツと積み上げていきましょう。

ミックスボイス習得率99%!
3人に1人が初回レッスンでミックスボイス習得!

初回レッスンだけでもあなたの歌声は確実に変わります!世界唯一のヴォーカルメソッドを体験!

★リニューアルキャンペーン★

只今【先着30名】限定で、初回レッスンを【5000円】(税抜) でご受講いただけます。 電話でのご予約
11:00~21:00(水~日曜)
0120-963-620
WEB専用フォームでご予約
(24時間受付)

イメージ写真

YouTube登録、各SNSでお友達になってください。YouTubeや各SNSでは、
ボイストレーニングに関する有益な情報を無料で配信しております。




« 前ページ: ボイトレにおいての「3つの姿勢」 | 次ページ:音痴を直す方法?音痴の改善?悩みをなくす方法 »




投稿日:
最終更新日:2019年05月28日




上に戻る

初回レッスンのご予約はこちらから

電話でご予約
11:00~21:00 水~日曜
WEBでご予約
24時間受付