ボイストレーニングを独学で行う時に忘れてはならない大切なこと


ボイトレ独学



お金もねえ!ボイトレ教室もねえ!独学するしか手段がねえ!


こんにちは。

科学で人の声の影響力をアップさせる
日本唯一のボイストレーニングスクール。

サクセスボイス、マスタートレーナーの岩谷です。

近くに教室がない!
それにお金がない!
一人で上手くなって天才だと思われたい!

中学2年生の頃の僕はいわゆる「中二病」ってやつでして、
「お金をかけずにどうやって上手くなるか」を真剣に考えていました。

実際、環境や経済状況で「やりたいけど・・・」となっている人は多いはず。
幸か不幸か情報多過な時代ですから調べればボイトレの方法はいくらでも出てきます。

でも、実際ちょっと取り組むと
「なにこれムズ!」とか
「できてるかよくわからない・・・」
と大抵の方がボイトレ沼にハマります。

今回はそんな独学キッズのために「歌が上達する練習の取り組み方」について話していきます。

ノウハウ以前に考えるべきところが実はあるんです。

独学でボイストレーニングをする人は少なくない


歌が上手くなりたいと思い、
ボイトレの教則本やYoutubeなどを観て
独学で勉強している方は多いと思います。

僕も歌を始めて5年ほどは
ずっと独学でやっていました。

しかし、なかなか結果は出ませんでした。

手当たり次第本に書かれていることをやって、
実際の効果もあまり感じれず。

本当に合っているかどうかわからないまま
時間だけを投じていました。

するとどうでしょう?
だんだん歌をやめたくなってきました(爆)

“自分は努力しても上手くなれない”
“どうせ才能やセンスのあるやつだけが歌えるんだ”
と、どんどん気分が落ちていきました。

そう。
結果が出ないとやる気が下がります。

歌っても楽しくない
 ↓
歌が上手くなりたい
 ↓
手当たり次第に練習しまくる
 ↓
やっても効果を感じない
 ↓
やる気が下がる
 ↓
もっとやらなくなる
 ↓
やらない自分を認めなくなる
 ↓
自信がなくなる
 ↓
さらに歌っても楽しくなくなる


負のスパイラルというやつです。

ちなみにこの負のスパイラルは男性に多いそうです。
夢見がちだからだそうです。

女性の場合、現実的な方が多いので
すぐにボイトレ教室を探すそうです。

ある日、独学キッズはとんでもないものを手に入れてしまった


ある日、そんな岩谷少年に転機が訪れました!
「MTR(マルチトラックレコーダー)」を手に入れたことです。

今やスマホで誰でも録音できる時代ですが
僕が学生の頃は録音機材というのは
なかなか手が出せない高級品。

その中でもこのMTRという機器は
重ね録りが出来るというシロモノ。

つまり一人でもハモったり、
バンドができてしまう。

やろうと思えばMTR単体で
CDが作れてしまうものでした。

僕はそのMTRの中でも安いものを
学生バイトの末、手に入れたのです。

そして、早速自分の声を録音しました。

「めっちゃ変な声や・・・」


これは誰もが通る儀式かもしれませんが、
録音された自分の声というのは
なかなか心地よいものではありません。

これは音響上仕方のないことなのですが、
当時の僕は自分の声に絶望しました。

「こんなん人様の前に出すもんやない!」って。

ですので、人様の前に出すべく猛特訓が始まりました。

嫌々ながら自分の歌声を録音し、
原曲と比較してそれぞれを聞いて分析する。

「あーでもない」「こーでもない」
そんな毎日を送っていました。

録音は独学ボイトレの神


実はこの録音をするという練習。
非常に効果的です。

自分の声を客観的に聞くことができますし、
目標としている声との差を明確に感じることができます。

僕の場合、音程感に問題がありましたが
録音を毎日行うことで全体的な精度アップに繋がりました。

また毎日録音された自分の声を聞いていると
徐々に慣れてきて違和感がなくなってきました。

むしろ、「自分のこの声の部分は好き」という具合に
自分の声の良い部分も発見できるようになりました。

正直、当時の僕は録音技術が足らず、
MTRで僕のCDを完成させることはありませんでしたが
この録音するという作業自体、僕の発声には非常に有益でした。

それでも独学が憤る原因


しかし、憤りはすぐやってきます。
“何か自分の声には足りない・・・”と悶々とした感覚がやってきました。
当時は毎日のように録音して改善、録音して改善というサイクルを回していきました。

しかし、プロのCDの歌声と自分の歌声を比較すると
「何か」が根本的に違う気がずっとしていました。

こういう状態の時の悩みの答えは明確です。

当時の僕には『自分の感覚だけ』が頼りでした。

つまり、客観性も基準もなく
自分のセンスだけで声を判断していて
道標がなく、歩みがものすごく遅かったんです。

恥ずかしい話ですが、分かった気になって歌っていたんでしょう。

いわゆる自分本位の歌になっていて、
プロのように人様に聞いてもらうための歌には
なっていませんでした。

現状把握が正確でなかったとも言えます

僕は明確な基準を定めていなかったので
やればやるほど結果はズレていきました。

今の思うと客観性と基準があれば、
過去の僕のように何年も迷わなくて済みます。

実際、現在のサクセスボイスの受講生の中では
1年ほどで望む理想の声まで辿り着く人は
少なくありません。

『客観性と基準』
これは結果を出す上では非常に大切なことです。

独学で声に正しい客観性や基準を持つには?


もっとも簡単にかつ正確なのは「信頼できるボイストレーナーに聴く」ことです。
しかし、今回は独学がテーマですのでそれはなし。

すると残された手段としては「機械に頼る」ということが一番有効です。
周波数を見るスペクトラムアナライザーや声量を見る騒音計。
チューナーなんかも音程練習に役立ちます。

そういった機械に自分の理想とする声を読み込ませて、
自分と何が違うのかを研究しましょう。

実際、僕も音響を勉強してから
このような機械に頼って絶対的な客観性の元、
自分の声と向き合っています。

もし誰かに頼るならネットではなくリアル


独学は孤独です。
誰かに頼りたくなることもあります。

僕はYoutubeチャンネルもやっていますが、
その中でよく「歌ってみたんで評価してください」というリクエストをもらいます。

しかし、その方がどんな顔や体系か、普段はどんな声なのか?
またどんな音楽性を目指していきたいのか?

そういうデータが一つもない状態でのアドバイスは
その人の一時の感情は良いかもしれませんが
効果的とは言えませんので断ります。

たまに答えている方も見かけますが、ちゃんと分かっている人からするとかなり的外れなアドバイスだったりします。

ですので、声を誰かに見てもらいたいときは顔が見えないネットの掲示板などではなく、しっかり顔が見える信頼できる方にお願いしましょう。

独学には限界があることを知っておく


僕の経験則で話すと、
一部の大天才を除き、
何事も独学には限界があります。

望む結果が自分本位で満足な場合や
独学自体が好きなのであれば
もちろん良いでしょう。

ただ、「どうせなら人前で歌いたい」と考えるのであれば
プロの先生につくのがベストだと僕は考えています。

なぜなら、
先生はあなたが悩んでいることも解決できますし、
基準が初めからプロ基準だからです。

初心者が独学でプロ基準にたどり着くには
多くの時間が必要になります。

しかし、先生がいたらこの時間は必要ありません。
また自分で基準を保つ必要がないですから精神的にも楽です。

「でもお金かかるし・・・」
最終的にものすごく楽になります。

独学で悩んでいる時間に
バイトすればいいですからね。

心身ともに健康を保つためにも
教育を買うことは有効な方法です。

最強の技術革新に必要なマインドは?


今回のテーマとは離れますが、
もしよい先生が見つかったら大切にしてほしいことがあります。

それは「言われたことを素直にやり通す」ということ!
余計なことは考えず見地の深い人の意見を取り入れましょう。

人間は大抵「できている」と思い込んでいることの中に問題の原因があったりします。
言われたことをやり通せる素直さも上達には大切です。


ちなみにこの「素直さ」。
すごく伸びる人の共通点です。

“本当にできるのかな”とか
“他ではこう聞いた”などと考えていては、
実際の行動が遅くなりますからね。

まず言われたことをトコトンやってみて、
それでダメなら次の手を考える。

考えてみれば、
一人で悩むよりその方が数十倍早く、
そして得られる結果も多いです。

これは僕自身まだまだなので
生徒さんからも学ばせてもらっています。

素直さを忘れないようにしたいものです。

まとめ


まとめると独学でボイストレーニングを行う時に意識すべきマインドは、

「客観性と基準」
「機械での徹底的な研究」
「素直さ」

この3点になります。

歌は気持ちを伝える手段ですので、しっかりマインドも磨いていきましょう。

声が変われば人生は変わります。
どんどん影響力を鍛え上げてくださいね!

ミックスボイス習得率99%!
3人に1人が初回レッスンでミックスボイス習得!

初回レッスンだけでもあなたの歌声は確実に変わります!世界唯一のヴォーカルメソッドを体験!

★★★ホームページリニューアルキャンペーン★★★
只今【先着50名】限定で、初回レッスンを【3000円】(税抜) でご受講いただけます。

初回レッスンのご予約はこちらから お申し込みの流れなどはこちらから
イメージ写真

YouTube登録、各SNSでお友達になってください。YouTubeや各SNSでは、
ボイストレーニングに関する有益な情報を無料で配信しております。





« 前ページ: EXILEのATSUSHIから学ぶカラオケデートで女性にモテる声の秘密 | 次ページ:ボイトレの練習が行き詰まった時に考える思考術 »




投稿日:1970年01月01日
最終更新日:2019年06月05日




上に戻る

初回レッスンのお申込みはこちら